スタッフゆりぽん日記一覧

幼稚園での和楽器コンサートが人気!ママのリアルな感想まとめ

保育園や幼稚園でコンサートをさせて頂くと、ほとんどの方が初めて和太鼓・津軽三味線・尺八を目にしたとおっしゃっています。そうですよね、私もサクラトーンの和楽器コンサートで初めて間近に和楽器を見ました「和楽器を身近に感じてほしい」「楽しんでほしい」との想いから、サクラトーンではお伺いする保育園や幼稚園の園歌も演奏しています。子供達にとっては親しみのある曲ですから、とても喜んで頂けるのが、とても嬉しいです!これからもジブリや園歌など、親しみのある曲を取り入れていきますね♪

出張イベントならサクラトーンにお任せ!いつもと違う空間を作ります

出張イベントって準備も大変だし、なんとなくハードルが高い気がしませんか? でも、出張イベントはそれほどハードルが高いものではありません。それに、子供達にとっても大きなメリットがあります。「出張イベントを行うメリット」について、確認していきましょう。メリット1. いつもの空間で、非日常を味わえる保育園や幼稚園での出張イベントは、いつもの空間で非日常を味わえます。 普段子供同士で遊んでいる教室やホールが、いつもと違う雰囲気に包まれるだけで…何だか子供達は

子供と一緒に乗り越える!|幼稚園イベントのサクラトーン

幼稚園に和楽器の素敵なイベントをお届けするサクラトーンのゆりぽんプレゼンツ!私が感じた、気付いたお役立ち情報をお届けします♪ 楽しんで頂けたら幸いです! 1.【こうやって乗り切った】子供と一緒にイヤイヤ期を迎えれば、気持ちが楽ちん!2歳になると、自我が芽生えてきます。成長の過程で自我が芽生えるのはとても大切なことですが、「こうしたい」「ああしたい」という気持ちが強く出てくる頃になると、お母さん達は大変になってきます。筆者にも、6歳の息子と2歳の娘がいますが…まぁ、大変!今回は「子供のイヤイヤ期を乗り切る方法」をお話していきます。

幼稚園のイベントに和楽器コンサート!五感で楽しむメリットがいっぱい!

五感で楽しむ【和楽器コンサート】の魅力をたっぷりとお届けします。保育園・幼稚園のイベントには、とてもおすすめなので、ぜひ参考にしてください。サクラトーンの和楽器コンサートは3種類 これからのシーズン、幼稚園では卒園、入園に向けてさまざまなイベントが催されることでしょう。そこで、皆さんの素敵な思い出を作るお手伝いをサクラトーンにさせてください♪五感で楽しめる、サクラトーンの和楽器コンサートは3種類ありますので、それぞれについてご紹介していきます。

分かりやすく!子供に教える、和楽器の魅力~津軽三味線編~

「尺八編」「和太鼓編」に続きまして、最後にご紹介するのが「津軽三味線編」です。さて、津軽三味線ってどんな楽器なのでしょうか? 知っておきたい豆知識。津軽三味線とは? 津軽三味線とは、現在の青森県の西部、津軽地方で作られた三味線音楽です。

子供にさせたい!和楽器の魅力~和太鼓編~

前回は「尺八」についてお話をしましたが、今回は「和太鼓」についてお話をしていきます。どのように、お子さまに分かりやすく伝えれば良いのでしょうか? からだの内側からパワーが出てくる和太鼓の音色 ドンドコドンという和太鼓の音色は、聞いているだけでも不思議とパワーをもらえます。

自宅でも和楽器コンサート!簡単手作り和楽器の作り方

いつもお読みいただきありがとうございます!サクラトーンの子育てママスタッフのゆりぽんです。息子に「ママのお仕事ってなんだと思う?」って聞くと「わがっきのおにいちゃんたちのおうえんだん!」との答えが返ってきました。あながち間違っていません(笑)息子も実際にサクラトーンの和楽器コンサートを見た一人であり、

ママの悩みも解決!サクラトーンの和楽器コンサート

サクラトーンのママスタッフ、ゆりぽんです。ママになって本当に毎日が充実していますし、子供がくれる幸せがいっぱいあります。でも、本音を言ってしまうと我慢していることもたくさーんあります!ここぞとばかりに言わせて頂きますが、ありすぎてたまんないです(笑)その一つが、コンサートです。

分かりやすく!子供に教える、和楽器の魅力~尺八編~

今日は私たちの相棒である「和楽器」について、詳しくお話をしていきます。 実は、皆さんに聞いて頂きたいエピソードがあるんです。ちょっとお恥ずかしいのですが…聞いてください。息子に尺八ってどんな楽器?と聞かれた私は… ある日息子から突然「ママ、尺八ってどんな楽器?」と聞かれました。うーん。普段見ている

和楽器の音を楽しもう!音楽は子供達にどんな影響を与える?

サクラトーンの子育てママスタッフ、ゆりぽんです! 現在、6才と2才の子供の真っ最中で、毎日奮闘しています!6才の息子も、実際にサクラトーンの和楽器コンサートを聞いたことがありますが、それ以来和楽器のとりこになっています。 自宅でも主人に手作り和楽器を作ってもらい、すっかりその気です。和楽器とは、日本古来から使われている