和楽器コンサートなのにアクティビティみたい?|幼稚園イベント.com

こども和太鼓体験

寒いですね、本当に毎日寒いです。
サクラトーンスタッフのはるぽんです。

アラサーの私は、暖房のついたお部屋でぬくぬく過ごしたいのですが、我が家の怪獣たちは雪に大興奮して走り回っています。

実は、サクラトーンの和楽器コンサートも体がポカポカしてきちゃうかもしれません。なぜなら、和楽器コンサートなのにアクティビティみたいだからです()

どういうことか分からないというあなた是非、この記事をご確認下さい

和楽器コンサートなのにアクティビティみたい?

静かに大人しく聴くコンサートではありません

静かに音色に耳を傾けるクラシックコンサート、ピアノコンサートは、保育園・幼稚園のお友達にとっては、少しハードルが高い場合もあります。

我が子は10分も経つと、椅子の上でソワソワしはじめてしまいました。なんて落ち着きがないのかしらと母はがっくりです。でも、サクラトーンのコンサートなら大丈夫!

静かに大人しく聴くコンサートではありません。

コンサートというよりも、全身でリズムを感じたり、実際に和太鼓や三味線に触れてみるなどのアクティビティがたくさん詰まったイベントなのです

息子も和楽器コンサートを体験したときには「歌っていいの?」「踊っていいの?」「さわっていいの?」を連呼していました()

いつもは「ダメ!大人しく座ってなさい」と言いますが、この時は「どうぞ楽しんで」と言ってあげられました。

サクラトーンの場合は、コンサートというよりも、アクティビティという方が正しいと思います。

盛り上がる秘密

「この歌知らなーい」とならないのが、サクラトーンの和楽器コンサートの魅力です。

ジブリなどのお馴染みのアニメソングや園歌を和楽器で演奏するので、子供達は聞き覚えのある曲を楽しむことができます

一緒に口ずさむこともできますし、手拍子でリズムにのってもらうのも全然オッケーというか、むしろ喜んで

サクラトーンが「子供達に楽しんでほしい」という一心で考えた他にはないプログラムをお楽しみください。

コンサート終了後に和楽器体験コーナーがある!

コンサートではなくアクティビティと言えるのは、コンサート終了後に体験コーナーなどのさまざまなプログラムがあるからです。

はじめて見る和太鼓・津軽三味線・尺八の音色を聞いた後は、代表のお友達に出てきてもらって実際に和太鼓や三味線に触れて頂きます。「やりたーい」「僕もしたーい」という声があちらこちらで聞こえてきて、サクラトーンメンバーも全員にしてもらいたい気持ちでいっぱいです。

子供達が興味をもってくれることが、何よりも嬉しいんです

音楽を楽しむアクティビティのひとつと捉えてほしい

音楽をどのよう日常とは楽しんでいくかは、保育園・幼稚園によって異なります。そこで、サクラトーンの和楽器コンサートを選択肢のひとつにしてみてはいかがでしょうか。

和楽器を身近に感じて、新しい刺激をプレゼントしてあげることが、サクラトーンにはできます。

【まとめ】和楽器コンサートなのにアクティビティ

いかがでしょうか?

「和楽器コンサートなのにアクティビティってどういうこと?」という疑問が、解決したのではないでしょうか。

保育園・幼稚園関係者のみなさん。大いに盛り上がる出張イベントなら、是非ともサクラトーンにお任せください!

絶妙なトークと本物の和楽器演奏で、子供~大人までお楽しみ頂けます!スタッフのはるぽんも、何度聞いても盛り上がってしまいますアラサーですけどね()

全身でリズムを感じたり、実際に和太鼓を叩いてみるだけで、日常とは異なる刺激も得られます。

和太鼓・津軽三味線・尺八を使って、私たちが全力でパフォーマンスさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。