子供と一緒に乗り越える!|幼稚園イベントのサクラトーン

こんにちは!

幼稚園に和楽器の素敵なイベントをお届けするサクラトーンのゆりぽんプレゼンツ!

私が感じた、気付いたお役立ち情報をお届けします♪

楽しんで頂けたら幸いです!

1.【こうやって乗り切った】子供と一緒にイヤイヤ期を迎えれば、気持ちが楽ちん!

2歳になると、自我が芽生えてきます。

成長の過程で自我が芽生えるのはとても大切なことですが、「こうしたい」「ああしたい」という気持ちが強く出てくる頃になると、お母さん達は大変になってきます。

筆者にも、6歳の息子と2歳の娘がいますがまぁ、大変!

今回は「子供のイヤイヤ期を乗り切る方法」をお話していきます。

イヤイヤ期ってこんな現状

夫は「イヤイヤ期をなんて、可愛いもんだ」って言いますけど、それ!

私の地雷を踏みまくってますから。

イヤイヤ気になると

・思い通りにならないことがあると、手がつけられない

・大好きなおかずもぶん投げる!

・とにかく気分屋すぎて、手に負えない

もう何をするにも、暴れまくるので、お母さんたちの心も体もボロボロになってしまう場合も少なくありません。

もちろん、私もその一人です。

乗り越えよう!ママもイヤイヤしてみる

暴れて思い通りにならない我が子を目の前にして、私がとった行動がこちら!

私も一緒に、イヤイヤ期に突入するということです。

「○○ちゃんが食べてくれないんだったら、ママもイヤイヤ~!食べないもん!」と言って、構わないでおきました。

つまり、食べさせることを諦めたわけです。

これまでは「このパン美味しいよ。あ~ん!」と何がなんでも食べてもらおうと試行錯誤して頑張っていましたが、やめました()

すると、イヤイヤ期の娘は反対に私を心配し始めました。お兄ちゃんの影響もあって、おしゃべりが上手なので「ママ!たべなちゃい」と反対に私をしつけてきたのです。

一人前になりたい願望が芽生えた2歳の子を前にして、私がイヤイヤ期に突入したら、立場が逆転したのです。

イヤイヤしてみると、結構スッキリ

イヤイヤ期に自分も突入してみたら、案外面白かったです()

子供がイヤイヤ期真っ最中で地団駄を踏んでいるのなら、あなたも一緒にやってみましょう。

ママが同じことをしてくれると子供は喜んで、いつの間にか遊びに変わっています。

実は、三人目を妊娠中の私。現在イヤイヤ期真っ最中の娘のあとには、またイヤイヤ期がやって来ます。でも、大丈夫!

私も一緒にイヤイヤして、楽しく乗り越えていこうと思います。

それでは、幼稚園や保育園のイベントどうしようかな???

お困りの方はサクラトーンまでご相談くださいね!