和楽器の音を楽しもう!音楽は子供達にどんな影響を与える?

サクラトーンの子育てママスタッフ、ゆりぽんです!

現在、6才と2才の子供の真っ最中で、毎日奮闘しています!

6才の息子も、実際にサクラトーンの和楽器コンサートを聞いたことがありますが、それ以来和楽器のとりこになっています。

自宅でも主人に手作り和楽器を作ってもらい、すっかりその気です。和楽器とは、日本古来から使われている伝統的な楽器のことで、身近なところで三味線・太鼓・琴・笛をイメージされる方も多いのではないでしょうか?

まさに、サクラトーンの和楽器コンサートもこちらの楽器を使っています。

ピアノの音は聞きなれていますが、今まで聞いたことのない和楽器の音に息子たちの目はらんらん!興味津々で固まっていました()

私はサクラトーンのスタッフであり、母親でもあるので、そんな息子の姿をとても興味深く見ていました。音楽ってすごいなぁ、とても良い刺激を与えてくれるのではないかと思い始めたのです。

音楽は子供の成長にプラスの影響を与えるらしい!

もしかしたら、音楽は子供の発育に大きな影響を与えてくれるのではないか?こんな風に思ったので、早速調べてみました。

1. 楽しみながら、聴く力を養える

和楽器コンサートの様子を見ていると、聞きなれない音がする度に子供達はキョロキョロと回りを見たり、集中して色んな音を聴き分けるようなしぐさをしています。

さまざまな音を聴くことで、子供達は「これは笛の音だ」「あれは、三味線だ」と聴き分けられるようになってくるのですね。

しかしながら、聴き分けをするにはたくさんの音に触れていなければなりません。幼稚園や保育園などでは、ピアノやオルガンの音には親しみがあるでしょうが、なかなか和楽器との接点は見つけられないものです。

音楽を聴く力が、音の違いや発音を聞き分ける力を伸ばしていくので、最終的には言語能力の向上につながると言われているようです。

2. 音楽が運動能力をアップさせる

和楽器コンサートをしていると、演奏に合わせて子供達はからだを左右に揺らしたり、手拍子をしてリズムをとったりしています。

音楽に合わせて、自然とからだが動くのはとても良いことです!走る・踊る・跳ぶなどの運動一つ一つにも、音感やリズム感は関係してくると言われているので、運動能力の向上に音楽がプラスの影響を与えているようです。

子育て中の私は「運動能力を伸ばしたいのなら、徹底的に運動をさせないと!」「言語能力を伸ばしたいのなら、とことん勉強だ」って思っていました。

でも、和楽器コンサートに参加して全身で音を楽しんでいる我が子の姿を見たら、「リズムのって踊るのも、立派な運動かもしれない」「音の聴き分けが、とてもいい刺激になっているのかもしれない」と感じたのです。

音楽が、子供のさまざまな成長につながっていくのでしょう。

まとめ

音楽は楽しい!しかも、子供の成長にプラスの影響を与えてくれるのは間違いないって思います。是非、普段とは違う音、和楽器の音を聴かせてあげてはいかがでしょうか?

サクラトーンの和楽器コンサートは、たくさんの幼稚園・保育園からお声掛け頂いております。実際にたくさんのお子様に楽しんで頂いており、保護者の方からも嬉しい声がたくさん届いています。

興味のある方は、是非サクラトーンまでお問い合わせください。