尺八演奏家 大山貴善|幼稚園イベントのサクラトーン

尺八 大山貴善

サクラトーンの幼稚園向けイベント『こども和楽器コンサート』で活躍する演奏家のご紹介です。今回はなかなか実際に目にする事の無い和楽器の尺八、それも若手演奏家となると尚更ですね。そんな数少ない貴重な演奏家の中でも、舞台やライブ、時にはヴィジュアル系バンドの参加(!)など、多彩な活動の中、サクラトーン活動開始初期からプログラムや楽曲制作に積極的に参加してくれている、「大山貴善」さんの紹介です!

尺八演奏家 大山 貴善(おおやま きぜん)

神奈川県平塚市出身。
琴古流尺八を松山龍盟師・大山素盟師に師事。現在、琴古流・根笹派錦風流・普化本曲・現代音楽を三橋貴風師に師事。貴風会家元より『大山貴善』の名を許される。摩頂山國泰寺所属「妙音会」に伝承されている古典本曲数曲を正式に伝承。NHK邦楽技能者育成会第55期修了。

2013年、出雲大社 平成の大遷宮奉祝行事にて奉納演奏。2014年、2017年にドイツ デュッセルドルフにて開催されている『JAPAN TAG』メインアクトとして招聘。ケルン 日本文化会館でも公演。2015年、韓国 三清に招聘されAsia Folk Music Festivalにて安山市立國楽団と「笛子協奏曲(パク・ホンボン作曲)」を演奏。独奏を務める。

同年、山城国一ノ宮 賀茂別雷神社 第42回式年遷宮奉祝行事にて二度に渡り奉納演奏。飛鳥南極・南米クルーズ・エンターテイメントショーのメインステージに出演。2017年、フランス大使館にて公演。尺八と電子合成音による作品『Shakuhachi & SYNTAL N0.4(川越道子 作曲)』の世界初演を務める。

比叡山延暦寺、伏見稲荷大社など寺社仏閣での奉納演奏多数。2018年、FIS ノルディックコンバインドワールドカップ白馬大会にて招聘演奏。

各地方に伝わる尺八古典本曲の様式、様々な民族音楽を学ぶことで尺八音楽に対して多面的な視点を持ち、それを自らの音楽性へと反映。古典尺八を重視しながらも新たな尺八の表現を模索し続けている。

貴善組尺八教室、またカルチャーセンター等を通じて後進の育成にも尽力。

古典音楽のみならず、多彩な知識やアプローチから展開される様々なカテゴリーのアーティスト、バンド、演奏団体とのコラボレーションなど活動の幅は広い。邦楽器の為の作編曲やロック・ポップスにおける邦楽器アレンジ、演出・パフォーマンス指導も手がける。

 学校公演、幼稚園公演、ワークショップ、レクチャーコンサートなども多数企画・実施。教育機関や地方自治体の委託を受けて実施する事も多い。イベント・ステージ・フェスティバルのプロデュース、コーディネート多数。メディア露出も多く、ラジオパーソナリティも務めた経験を持つ。

琴古流尺八 貴善組尺八教室主宰。

琴古流尺八 貴風会幹部。公益社団法人 日本三曲協会会員。琴古流協会会員。NHK邦楽技能者育成会同窓会会員。専門学校 ESPエンタテインメント 和楽器特別セミナーJPC(ジャパニーズポップカルチャー)特別講師。演奏団体 現代邦楽団員。